画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から
「遠くへ行きたい」の旅人としてお馴染になりましたピーコさん。いつも独特な目線で歩いたり、見たり、食べたり、聞いたり…という旅を一緒に楽しめるような気がします。
今回はピーコさんが通いなれた「京都」で<ピーコの知る穴場><ピーコが出会った穴場>を一緒に歩いた若いスタッフ・葛谷。「最近京都づいていて、結構知られざる、珍しい場所を見て来たつもりでしたが、旅人によって京都がこんなにもバラエティがあることに驚きました」という報告と共に番組をご覧ください。

 
         
 

今回の旅は、「遠くへ行きたい」4回目となるピーコさん!
旅先は、ピーコさんの大好きな京都です。なんと年に3回は行くんですって!
そんな京都通のピーコさんの京都の穴場と、まだまだ知らなかった新しい発見に出会う旅!お楽しみください〜。

京都イチのデートスポット!?新名所です!

最初に訪ねたのは2014年リニューアルしたばかりの新名所、将軍塚青龍殿の「大舞台」、ここからの眺め、すごいんです。盆地の京都をグルッと見渡せます!京都の町を俯瞰で楽しめるなんて、新鮮です。京都の旅番組ではここからの俯瞰の映像が増えるかもしれません…

 

画像
「空も青くていい気持ち〜」とピーコさん。

 
         
 

私の定番!寺町通りぶらり

京都に来たらいつも行くという寺町通り。
珍しい専門店からちょっとした小物が置いてあるお店が並んでいるんです。
いつも行く店をのぞきながら、向かったのは「芸艸堂(うんそうどう)」木版画の出版社です。寺町通りは歩くけど、ここには来たことなかったんですって。
中に入ると可愛い木版画の小物がズラリ!こんな小さいポチ袋まで手摺りしてるっていうんだから、驚きですよね〜!

 

画像
手摺りのポチ袋…?一枚の紙これが袋?
どう使うかは放送でご覧下さい

 
         
 

神秘の山寺!のパワースポット

鴨川沿いを歩くと、河原で様々に楽しんでいる人たち。こんな風に気軽に自然を感じながら楽しめる京都って羨ましい限りです。ところで、その鴨川の源流とされる場所、どこにあるか知ってます?
それは、市街地から1時間、「志明院(しみょういん)」というお寺の奥にありました!ピーコさんも心が疲れた時、行って元気をもらうんですって。
何度も訪ねているお寺ですが、ここに鴨川の源流があるとは知りませんでした。鴨川源流の一滴、どんな所かな。

 

画像
住職と奥さんとピーコさんです

 
         
 

京都に名水あり!

盆地の京都、地下水が豊富なんだ、ということは知っていましたが、街を歩くと、あちこちに湧き水や井戸がたくさん!
ペットボトルを持った人たちが並んでいる所もありましたよ。
「馬場染工業」の中にある「柳の水」はなんと千利休が使ったと聞きました!その「柳の水」を、今使うのは京料理のお店「貴与次郎」を営む堀井さん。
堀井さんの話によると、お出汁をとるには「柳の水」が最適なんですって!
そのお出汁、味見したーい!

  画像
お味はいかが?
 
         
 

錦市場に謎の洞窟!?

京都の水と食は深く繋がっていることが分かりました。京の台所、錦市場にももちろん地下水が使われていました。漬物、ゆば、川魚、どれも美味しい水が欠かせませんね!
そんな地下水が欠かせないという川魚屋の「のとよ」の店主に教えてもらったのが創業400年の老舗寿司屋「伊豫又」。なんでもここには変わった井戸があるそうで…?とにかく行ってみます!

  画像
井戸を見に行ったはずなのに!?
 
         
 

家元に学ぶ生花の極意!

京都の街にはいたる所に計算された美しい自然が見受けられます。未生流笹岡家元の笹岡さんは暮らしに自然を生かすことを大切にされています。
以前仕事で知り合った笹岡さんと街を歩くと、普段は何気なく見ていた町家の前にさりげなく整えられた暮らしの中の自然に気付かされます。
笹岡さんに案内して貰った山荘を改築したカフェ「茂庵」でも楽しむことが出来ました。窓から見える「借景」にピーコさんうっとり。
そして番組で紹介しますが、自然をさりげなく生かす家元の技に感動です。

 

画像
借景を生かした窓からの眺め、いい雰囲気です〜

 
         
 

南座の提灯を作るイケメン職人!

京都の顔といっても過言ではない南座の提灯。みなさんも一度は見たことありますよね?この提灯、師走の顔見世興行の時に掛け替えられるのだそうです。
この提灯を作っている「小嶋商店」にお邪魔しました。
伝統の地張り提灯を作り続けている職人の親子。なんとも気持ちのいい青年!という感じのご兄弟。竹をパーンと割る姿もカッコよかった〜!

 

画像
ピーコさんと長男の俊さん
画像
次男の諒さん

 
         

編集者から

何度も通っているピーコさんもやっぱり感心してしまいました。
いくたびに奥の深さを感じるのが京都なんですね。皆さんも又新しい京都を見つけに行ってみませんか。

次回、2285回は田中要次さんが大井川鉄道でSLと秋の絶景を楽しみます。
露天風呂から、吊り橋から、湖の上の駅から、隠れ「撮り鉄」という田中さんのシャッター音は止まりません。勿論名物のグルメも欠かせません。タイ焼き屋さんの静岡おでん、川根茶の紅茶、びっくりのカレーうどん・・・
お腹も一杯、絶景も一杯の大井川、どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

 






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.