画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

「遠くへ行きたい」初めてのユージさん。アメリカ生まれの日本育ちですが日本のことは知っているようで、知らない。「日光というと東照宮・陽明門、華厳滝ぐらいかなぁ・・・」「でも、行くのは真冬だもんね、大丈夫?」「否、冬だから面白いのよ!」なんていう問答をスタッフとしながらの出発。「行ってみるもんですね!」という見どころ、ご期待ください。



 
         
 

まずは、東照宮にお参り

 丁度、平成の大改修が済んだばかり。陽明門の色彩の華やかさに感嘆の声。
 「三猿」「眠り猫」その意味するところの奥深さを教えられました。

 

画像
「修学旅行で行ったの何10年前かな」という方、
改修なった陽明門の華麗さをお確かめ下さい。
画像
「三猿」の意味、庶民の知恵、と言われています
画像
「眠り猫」寝ているネコの意味、これも「なるほど、そうか」です

 
         
 

門前町の美味いもの探し「宮前だんご」

創業享保8年の老舗・日光宮前だんご。江戸時代には東照宮の中にあって出入りする武士や参詣人に人気だったそうです。今も「寒い中、店に来てくれるお客さんに温かいものを」、ということで注文を受けてから焼いています。

  画像
お店の真心もごちそうです
 
         
 

冬ならではの絶景・「華厳滝」

全面氷結ではありませんが、夏の滝とはまた一味違います。
番組では、華厳滝が中禅寺湖から発しているという、風景が見られますよ!

  画像
「この風景、想像を超えてる〜」とユージさん
 
         
 

アイスクライミングって、何!?

文字通り、氷結した滝をピッケルとアイゼンを使って登るのです!
登るのは「丁字ノ滝」、ユージさんもインストラクターについて挑戦します。

 

画像
ちょっと、ドキドキのお手本です。
ユージさんが挑戦した初心者コースはこんなに凄くありません

 
         
 

冷え切った身体には、なんといっても温泉

アイスクライミングの後は日帰り温泉でゆったりと露天風呂。自然に囲まれて身体も心もポカポカです。

  画像
「昼間の温泉もいいもんだ〜」
源泉かけ流し、美肌の湯として女性にも人気です
 
         
 

冬ならではの仕事を拝見しました

幻と言われる「天然氷」作りです。山の清水をひいて、日光ならではの寒さの中で作られます。
天候次第の仕事、その苦労は想像を超えています。作業のお話を伺っていたら思わぬところで「夫婦」のたとえ話が出てきて、頷くことしきりでした。
この氷をかき氷で食べてみたいですよね。その様子は是非、放送で!

  画像
苦労を重ねて、やっと出来上った氷を切り出します
画像
なんだか削る音も美味しそうです。
ふわっとした氷、でも溶けにくい。
 
         
 

名産品・日光下駄で「かっこい〜!」

日本建築の和の趣を大切にして宿泊客をもてなすというホテルで、地元の伝統文化を取り入れて地域の魅力を紹介しているイベントを拝見しました。
名産・日光下駄を使っての従業員のパフォーマンス。ちょっとびっくり、でも楽しいものです。放送でご一緒にどうぞ。

  画像
職人技、日光下駄作り
「日光木彫りの里工芸センター」で実演販売しています
画像
日光下駄のパフォーマンス、決まりました!
ホテルのご紹介は来週のお得情報で。

 
         
 

山里の名物蕎麦!

日光市から離れた山里の出流(いづる)町、100人足らずの集落に8軒もの蕎麦屋さんがあるというのです。冬に打つ「寒ざらしの蕎麦」を食べられると聞いて、蕎麦好きのユージさんとしては見逃せません。
そして、そば職人の人たちがするという行にびっくりです。この町のそば職人の皆さん、毎月一回滝に打たれることで繊細な仕事に向かう精神統一を図るそうです。そんな皆さんが打つ蕎麦の美味しそうな様子は、ここではお伝えし切れません。滝行をユージさんも挑戦しました! 

  画像
なんと真冬の滝行です
画像
そば打ちの様子を見せて頂きました。
美味しい出来上がりは放送で

 
         


旅の終わりに

行かなければ体験できない旅の醍醐味、冬の日光の旅はまさにお手本みたいなものです。文中、なんども登場した「放送でお確かめください」「放送をお楽しみに」の文言、思わせぶりで申し訳ありません。放送を見て頂いて、次は機会を見つけて出かけてみませんか。

次回、2398回はますだおかだ増田さんが沖縄・宮古島を旅します。
マリンアクティビティのイメージが色濃い宮古島ですが、島の人たちは勿論観光客にも人気の温泉があるというのです。
「秘湯ハンター」としては見逃せません。地下1250mから湧き出る50℃の源泉、ジャングル風呂と露天風呂、ウミガメと遭遇?シュノーケリング体験、親子で営む手作りの黒糖工場、シーカヤックで行く洞窟探検、巨大がに求めてマングローブ探検、宮古島温泉・・・
南の島の温泉から大冒険まで、見どころいっぱい「秘湯ハンターの宮古島」、どうぞ、おたのしみに!


 



Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.