画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
渡辺文雄 伊豆大島 椿列伝
  みどころこちら

オトク情報

「伊豆大島」のお得情報、今回はスペシャルでお届けします。

3月12日放送の「伊豆大島」の旅に出てきた場所を何箇所か実際に観光客として歩いて見ました。今回そもそもこんな変なことを思い付いたのは、先週のみどころで書きましたが、熱海から高速船で一時間で大島へ行けるというのを知ったからでした。東京から行く場合普通は竹芝から前夜に発って翌朝大島着というのですから、熱海から一時間ということは日帰りが出来るではないか、そして関西の人だって「駆け足大島一日ツァー」が出来るということでもあります。実際に熱海からの船の中には名古屋、大阪の若者たちがいました。


さてではその短い時間にどうするか・・・ということになりますが、何処に何があって、何が面白そうかは、もうテレビで見ているので地図を片手に限られた時間の中で見るところを決めるのはとても楽です。

という訳で3月11日熱海発10時の高速船を予約して新幹線で熱海へ、30分はやめに着いたので、出航前に海岸通りを歩いてお宮の松や早咲きの桜を見ることも出来ました。
関西からの方は6時36分新大阪発のひかりに乗って、静岡でこだまに乗換えれば9時25分前後には熱海駅につきます。熱海港まではバス220円で15〜20分。


10時熱海港発。

11時岡田港着。

レンタカーを借りて早速出発です。



三原山山頂展望台

火口は往復90分ほどかかるときいたので残念ながら写真を撮ってパス。









大島公園椿園大島桜

園芸種の花の種類の多さと、テレビ画面で見るより大きいのと、何よりテレビでは絶対に味わえない甘い花の香りに感動します。園芸好きの方は運が良ければ花の手入れをしているスタッフから色々お話を聞けるかも知れません。呉々もお仕事の邪魔にならないようにです。入園料は無料です。
ロケの時には咲いていなかった大島桜が満開で、椿祭りの広場で「あしたば汁」400円を頂きながらお花見もしてしまいました。売店ではラーメンが売りのようでした。


古木の椿のトンネルを二つほど通り抜けて、波浮港

お目当てのくさやの製造元藤文商店でくさやをお土産に。
お薦めの、あおむろあじ、むろあじ、とびうお3点で640円。匂いが出ないように真空パックにして呉れます。行かなければ分からないのがこの匂いです。

〒100ー0212
大島町波浮西岸
TEL 04992ー4ー1138


断層間伏地層切断面
大島一周道路を作るときに削った山肌が、ご覧のような地層のバウムクウヘン状態、見事です!でも停まってみていく人はほとんどいなくて、こういう所って人が一番いいアングルのところにいて、なかなか写真が撮りにくいものですが・・・普段なら写真を撮ってすぐ次へ行くのですが、独り占め状態でしみじみと地層の模様を眺めてしまいました。





火山博物館・元町

入場料700円、一寸高い?
番組には出てきませんでしたが個人的な興味でのぞきました。三原山の噴火の歴史や世界の火山の噴火の映像があったり、噴火口の中へ突入する船に乗って火山の仕組みが見られるというシュミレーション大冒険、昭和61年の噴火の模様を記録したビデオ各種、そして何より、その時噴火の予兆から爆発までを観察していたという学校の先生のリアルなお話も興味深いものでした。
これは個人的に興味がある人でないと退屈かも知れません。だから、旅番組では登場しにくいネタということになりますので、やはりこれも現地にいかないと体験できない楽しみでしょうか。


旅の終わりは「どっちの港?騒ぎ

その時のお天気の状態によって出入港が変わるのです。
16時の帰りの船は2時間前までは元町港とアナウンスされていたのですが、風向きが急に変わって、岡田港とお知らせが出たのが1時間前。あらゆる関係者が大移動、帰りのお客をあてにしていたお土産やさん、食堂はぼやくことぼやくこと。一方岡田港のお店は大騒ぎ・・・やっと準備の間に合ったおばちゃんの食堂でラーメン600円とさんまの丸干し80円を頂いて熱海へ。
大島ではなぜかラーメンを売りにしているお店が多いです。

帰りの電車を待つ間に駅前のアーケードをのぞきます。
干物と温泉饅頭の看板がずらりと並ぶ中で見つけた家族でやっているお饅頭屋さん「利久」。柚子、栗、茶、こしと四種類の餡が二つづつ入って1000円。車中で味見をしていたら、半分無くなってしまいました・・・


そんなこんなのテレビの旅をたどった一日でしたが、スタッフにはやはりあきれられました・・・
でも、テレビで見て自分の興味がありそうな場所でしたら、様子はテレビで分かっているわけですから、相当効率の良いことだけは確かです。時間がないけれど気分転換にどこかへ行こうという方には、テレビの旅はお薦めです。「遠くへ行きたい」をご覧になってどうぞ、自分なりの旅をお楽しみ下さい。

以上、テレビの旅をしてみるとでした・・・お得になりましたでしょうか?
 
 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.