画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
    みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
   

はこた人形

倉吉市に江戸時代から伝わる張り子の人形。張り子は木の型に和紙を張り重ねて作られますが、張り子の人形は全国的に極めて珍しく、山陰では倉吉でしか作られていません。手足の表現を省略した非常に洗練された姿形のはこた人形は、六、七十年前までは「はーこさん」と呼ばれて、幼い女の子の遊び相手として親しまれてきました。両親は、愛し子に「はーこさん」と遊ばせておけば怪我や病気をしないで無事に育つという願いを込めていたのです。つまり、子供の遊び相手であるとともに、お守りでもあったのです。このはこた人形の伝統を今に伝えるのが、備後屋六代目の三好明さん。旧市街を流れる玉川に沿って並ぶ白壁土蔵群の一角に、工房があり、優しい奥様とともに優しく迎えてくださいます。お二人のお話をうかがいながら、オリジナルのはこた人形の絵付けにもチャレンジできます。

●問い合わせ先
●赤瓦
●〒682−0861
●鳥取県倉吉市新町1丁目
●TEL 0858−23−6666

 

           
   

理容資料館

山陰地方を代表する三朝温泉街にある梶川理髪館。日本ではただ一人という、世界的なシェービングマグカップの会の会員でもあるご主人の梶川満さんが集めた貴重なシェービングマグカップの数々が店内に並べられています。かつては、お客さんがマイマグをもって理髪館で顔剃をしてもらっていたそうで、その頃のとてもユニークでおしゃれなマグカップを見せてもらうことができます。また、梶川理髪館では、女性専用のマグカップもあり、レディス・シェービングコースは、女性のお客さんにも大好評だそうです。マグカップの他にも、明治時代に日本から輸出していた伊万里焼の髭皿など、貴重な品々が展示されています。

●問い合わせ先
●梶川理髪館
●〒682-0123
●鳥取県東伯郡三朝町三朝903−3
●TEL 0858−43−2126

 


 
           
    浜根農園

ムラサキイモ、ニンジンイモをはじめ、季節ごとの様々な作物の栽培を手がけている浜根農園。ご主人の浜根良保さんはお客さんに喜んでもらえる観光農園を目指して、環境にやさしい農作物の栽培を目指しています。無農薬有機栽培のぶどう狩りやいちご狩り、そしてさつまいも掘りなど、季節を応じて様々な催しが開かれ、収穫の体験と季節の味覚を満喫できます。今の時期のおすすめは健康食品としても話題のムラサキイモを使ったやきいもで、美味しいと大好評で人気上昇中とのこと。やきいもと同時に、新鮮な野菜の直売もされています。この他にも、お客さんに楽しんでもらえる様々な体験イベントも企画中という浜根さん。各種情報は、浜根農園のホームページをご覧下さい。
(アドレス:http://www.hal.ne.jp/fhamane )

●問い合わせ先
●有限会社 浜根農園
●〒689−2106
●鳥取県東伯郡北条町松神897
●TEL 0858−36−3535
     
           
又、来週もお得なお知らせをお楽しみに・・
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.