画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
    みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
   

個展

大西秀明 = ジミー大西 展
― 世界をめぐる絵筆の冒険 ―
 12月28日から2003年1月6日まで、銀座三越 8階にて開催。

サイン会もあります。
12月28日[土]・1月3日[金]各日午後1時から・3時から(先着100名様限り)

入場料/一般・大学生500円 高校・中学生300円 (小学生以下無料)。
その後、熊本・鶴屋百貨店(1月29日〜2月4日)、札幌三越(2月18日〜2月24日)、
新潟三越(3月26日〜4月1日)ほかを約1年間、巡回する予定です。

実物は、テレビや写真には映りきらない迫力があります。
ジミーさんの絵を直に見ることができる、数少ないチャンスです。
ぜひ、行って見て下さい。




 
 
           
   

見越旅館

元 類人猿係の係長だった見越さんが経営している旅館です。屋根瓦は300年前のものという、歴史を感じさせる建物が自慢です。大部屋の床の間には竹明さんの作った藁龍が飾ってあり、これにはジミーさんも、「うねりがあるわー!」と、感心しきりでした。ヒバゴン丼は、山掛けと出汁でかっこむように食べます。これが、うまい!百聞は一食にしかず。ぜひ食べてみて下さい。西城町には、もう一件、ヒバゴン丼を出しているお店がありますが、見越さんにヒバゴンの話を聞きつつ、食べる。それが、「遠くへ行きたい」流ヒバゴン丼の味わい方です。

●問い合わせ先
●見越旅館
●〒729-5731
●広島県比婆郡西城町大字西城129-4 
● TEL 08248-2-2419

   
           
   

竹明藁工芸館

なんとも味のある、竹明さんのご一家。ご自宅の土蔵を改造して、藁の工芸館をやってい
らっしゃいます。そこには、藁で作った様々な道具と、龍やワニなどの大きな藁細工、掌に乗せられるサイズの干支の藁細工、藁ではありませんが、ヒバゴンの人形など、竹明さんが親子二代で作った作品たちが展示されています。大人200円、中学生100円、小学生以下は無料で入れます。休館日は特にありません。とのこと。


● 問い合わせ先
● 竹明藁工芸館
● 〒729-5722
● 広島県比婆郡西城町大佐412
● TEL 08248-2-3641

   
           
   

西城町 神話の里めぐり

熊野神社から御陵までの、52町(約6km)の道のりには、昔、村人が担い
で登ったという石が、一町毎に置いてあります。どんどん登っていくと、人工林から天然林に変わる境目がわかります。そこから御陵に向う間には、樹齢1000年を超える大木や、伝説の残る岩がたくさんあります。
古事記を予習してから行くと、より楽しめると思います。

山を降りたら、西城町のおいしいものを食べに行きましょう。ワニ、ゴギ、イザナミ丼。どのようなものだかわかりますか?ワニは、ワニザメという鮫です。主に刺身で食べます。ゴギは、広島県天然記念物。イワナの一種です。イザナミ丼は、イザナミ米という黒米と山菜を使った山掛け丼で、熊野神社の近くのイザナミ茶屋で食べられます。また、この辺りは、比婆牛、ひろしま牛と呼ばれる牛肉の名産地でもあります。これも、またお勧めです。


● 問い合わせ先
● 西城町役場 企画振興課 
● 〒729-5792
● 広島県比婆郡西城町大字大佐737−3
● TEL 08248-2-2123
  


   
           
           
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.