画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
    みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
   

将棋駒の製造実演見学

江戸時代、武士のたしなみとされていた将棋。 天童駒の由来は、江戸時代末期に武士の生活が厳しい状況に置かれた際、藩が武士の内職として奨励したことが始まりと言われ、天童市内は現在も将棋駒の生産日本一を誇っています。 天童市内の「栄春堂 将棋の館」では、熟達した職人の将棋駒製造の実演を常時見学できるほか、各種将棋駒、名前入りのオリジナル将棋駒キーホルダーなど将棋にまつわる お土産を購入することができます。 また平安時代から現代に至る将棋の変遷についての展示もあり、将棋の歴史に触れることもできます。

問い合わせ先
栄春堂 将棋の館
〒994-0022
山形県天童市貫津和合2505
TEL 023-653-1150

 
 
           
   

麩懐石料理

江戸時代に羽州街道の宿場町として栄えた六田地区。 山形盆地の中に位置し、肉や魚が手に入りにくかったため、古くからたんぱく源として小麦の生産が盛んで、今日でも全国有数の麩の生産地として知られています。 文久年間に創業した「文四郎麩」では、小麦たんぱく(グルテン)が多く、パンのようにしっとりとやわらかな「六田麩」を使った各種のオリジナル麩商品を販売しています。麩豆乳コロッケ、麩鰻もどき、なま麩の揚げだし、麩の煮物といったオリジナル料理、麩まんじゅう、焼き麩、麩かりんとう、麩ドーナツなどの麩菓子など。電話、FAX、インターネットからの通信販売も受け付けています。 また、隣接の懐石料理処「清居」では、全品麩を使ったヘルシーな懐石料理を味わうこともできます。

問い合わせ先
文四郎麩
〒999-3709
山形県東根市六田2-2-20
TEL 0237-42-0117
http://www.bunshiro-fu.com

   
           
           
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.