画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
 

雛のつるし飾りまつり

東伊豆町・稲取に江戸時代末から伝わる「雛のつるし飾り」。最近では関東地方各地で見られるようになりましたが、元々は九州柳川地区(さげもんと呼ばれる)、山形酒田地区(笠福と呼ばれる)、そして伊豆稲取にしかなかった、独特の風習です。昭和30年代初期には飾っている家庭も数多くあったそうですが、近年は作れる人も少なくなり、また近隣の町では行われていない風習であったため、この美しい伝統を後世に残そうと地元の女性たちが活動を始め、平成10年に稲取温泉旅館協同組合主催のイベントとして復活しました。
1月20日から3月31日の期間内は、メイン会場「雛の館 むかい庵」「文化公園 雛の館」のほか、協賛会場「二ツ堀みかん園」「なぶらとと」「岬の館」の計5箇所で、美しいつるし飾りを見ることが出来ます。メイン会場では江戸時代の雛人形など、貴重な物も展示されています。
本文でもご紹介しましたが、かつては娘や孫の初節句を祝うため、どこの家庭のお母さんも寝る間を惜しんで作ったもの。間近に見てみるとその細工は実に細かく、親の愛情が篭っているのが感じられるでしょう。

お問合せ先
稲取温泉旅館協同組合
TEL:0557-95-2901
開催期間 
平成19年1月20日(土)〜3月31日(土)
開館時間(メイン会場)9:00〜17:00
ホームページ
http://www.inatorionsen.or.jp

 



 
         
 

塩作り体験

番組の中で山村レイコさんが参加した「塩作り体験」は、河津町観光協会が企画している自然体験プログラムの一環です。体験内容は季節によってさまざまですが、1〜3月なら塩作りの他に「わさび漬け作り体験」「竹炭つくり体験」、4月からは「いよかん狩りとジャム作り体験」「草木染め体験」「バラの栽培学習とフラワーアレンジメント体験」、夏には「アジのひらき作り体験」などもあり、伊豆の自然を満喫できること間違いなしです。
「塩作り体験」は今井浜のきれいな海水をくみ上げるところから始まって、大きな釜で約5時間煮詰め、精製するところまで体験することができます。出来上がった塩は市販されている塩よりもあっさりとして、まさしく自然な味。戦後しばらくは今井浜で実際にこうやって塩を作っていたということで、昔の人たちの暮らしと知恵を垣間見る体験です。

お問合せ先
河津町観光協会
TEL:0558-32-0290
ホームページ
http://www.kawazu-onsen.com/

 









 
 


 

 
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.