画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
 

赤井川 おつけもの食堂

札幌市のお隣にある赤井川村は、四方を山に囲まれたカルデラの里。米も野菜も豊かなこの村に、食卓では脇役になりがちな“おつけもの”を主役にした食堂があります。おつけもの名人・新見愛子さんが切り盛りする、「赤井川 おつけもの食堂」。ここの目玉は、何と言っても手作りのおつけものが20〜30種類並ぶ「おつけものバイキング」。メニューはバイキングに御飯、味噌汁、納豆が付いた「おつけもの定食」(420円)と、さらにお惣菜の小鉢が1品付いた「村民定食」(520円)の2つ。
使用する野菜はそのほとんどが北海道産にこだわり、野菜が採れない冬期は店を開かないという徹底ぶりで、添加物は一切ナシ。シャキシャキとした歯応えと、野菜そのものの味がする手作りのおつけものに、ついつい御飯もすすみます。ちょうど4月29日に開店したばかりの「おつけもの食堂」、11月3日まで営業していますので、ゴールデンウィークや夏休みに北海道を訪れる方はぜひ立ち寄ってみてください!

お問合せ先
赤井川 おつけもの食堂
北海道余市郡赤井川村字赤井川115番地
TEL:.0135-34-6510
営業時間:11時〜15時
営業期間:4月29日(火)〜11月3日(月)
定休日:月曜日(祝日の場合火曜日)
おつけものバイキング 210円
おつけもの定食(おつけものバイキング・ご飯・味噌汁・納豆)420円
村民定食(おつけものバイキング・ご飯・味噌汁・納豆・おかず1品)520円

 





 
         
 

尻別川ラフティング

ラフティングとは、7〜8人乗りのゴムボートに乗って急流を下るアウトドアスポーツ。夏のスポーツというイメージがありますが、実は北海道では雪解け水で川が増水する春が一番スリル満点なのだとか。豪快な水飛沫を浴びながらボートに乗り合わせたメンバーと息を合せ、急流を漕ぎ切ると大歓声が上がります。はたまたゆったりとした流れでは川のせせらぎや鳥の鳴声が聞こえ、自然の中に溶け込んでいるような気分に…こうして3時間半のコースを終える頃には、同乗者ともすっかり仲間気分。日本一の清流といわれる尻別川で、雪解けの激流に挑戦する春、水の透明度バツグンの夏、紅葉の鮮やかさに目を奪われる秋…楽しみ方も季節ごとに変わります。

お問合せ先
NAC(ニセコアドベンチャーセンター)
北海道蛭田郡倶知安町字山田179-53
TEL:0136-23-2093
期間:4月12(土)〜11月3日(月)
時間:A 8:30〜12:00/B 9:30〜13:00/C 13:00〜16:30/D 14:00〜17:30
※Dツアーは日没が早くなるため10月5日まで
所要時間:3.5時間
対象:中学生以上(6月から小学生以上)
料金:大人6000円、シニア5000円、子供4000円
ホームページ:http://www.nac-web.com/


 




 
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.