画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
 

黒檜(くろび)曲輪

“檜枝岐村”の地名の由来となっている檜の木ですが、特に高地に生えるという黒檜(くろび/別名ネズコ)は年月が経つにつれて色が落ち着いた黒味を帯び、江戸時代には城の天守閣に使う建築材として年貢代わりに納められていたという高級木材。その黒檜を使って、曲輪の弁当箱やお櫃などを40年近く作っているのが、今や村でただ1人という曲輪職人の星 寛(ゆたか)さん(81歳)です。
黒檜は非常に軽くて吸湿性が高い上に、水を入れてもふやけないので、お櫃や弁当箱にはピッタリ。しかも木目が美しく手触りが良いので、見た目にも楽しめます。曲輪の止め具には山桜の皮を使っていますが、これも山で剥ぎ、手作業で薄く削ったもの。かつて山仕事に入る時の必需品だったという曲輪の弁当箱ですが、職場や学校にこれでお弁当を持っていけば、お昼御飯が美味しくなるかもしれません。星さんの曲輪製品は、村営の木工品展示販売所で購入することが出来ます。

問合せ先
檜枝岐村営林産所 木工品展示販売所
〒967-0527
福島県南会津郡檜枝岐村字見通1136
TEL 0241-75-2349 FAX 0241-75-2266
曲輪のお櫃、弁当箱、花器などの他、
はんぞう(こね鉢)、杓子、ヘラなどの木工製品もあり
ホームページ http://www.oze-info.jp/mottkou/index.html


  がぞう

 
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.