画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
 

知林ヶ島(ちりんがしま)

番組の冒頭で大地康雄さんが訪ねたのが、錦江湾に浮かぶ周囲約3kmの美しい無人島、知林ヶ島。この島は霜が下りないため、昔はジャガイモやサツマイモ、ナタネなどが植えられ豊富な収穫量を誇ったことから「宝の島」と言われていたそうで、平成20年度に整備された遊歩道や展望台、船着き場を除いては、ほとんど手つかずの自然がそのまま残っています。そしてこの島がユニークなのは、3月から10月にかけての大潮又または中潮の干潮時に、長さ約800mの砂州(砂の道)が出現し、歩いて渡れること。コバルトブルーの海に伸びる真っ白な美しい砂州は歩いて20分ほど。多くの地元の方々が散歩をしたり、貝殻や海藻を集めたりして楽しんでおり、環境省の「かおり風景100選」にも認定されています。

お問合せ先
指宿市役所 観光課
鹿児島県指宿市十町2424番地
TEL:0993−22−2111
ホームページ: http://www.city.ibusuki.lg.jp/chirin/main.htm

  写真

 
         
 

マーク区営鰻温泉

指宿駅から車で20分ほど山の中へ入った所にあるのが、鰻池のほとりにある温泉集落、「鰻地区」。高台から湖と集落を見下ろしてみると、あちこちの民家の庭先から温泉の蒸気が上がり、硫黄の臭気が漂います。ここは明治7年、西郷隆盛が湯治に訪れていたとき、佐賀の乱に敗れた江藤新平が援軍を求めて訪ねて来たという、史実の舞台にもなった場所。山間の湖のほとりにひっそりと50軒ほどの民家が並ぶ風景は、何ともひなびた風情を醸し出しています。
この集落の中にあるのが「区営鰻温泉」。木造の小ぢんまりした共同浴場で、湯温は約42℃とやや熱め。湯船には常に温泉が注がれている掛け流し。受付で料金を払う時に頼んでおくと、帰るまでに温泉卵(5個150円)を茹でておいてもらえます。夕方になると地元のお年寄りで賑わう共同浴場、豪華な温泉旅館も良いですが、たまにはこんな暮らしの中にある温泉を楽しんでみるのもいいもんですね。

お問合せ先
区営鰻温泉
鹿児島県揖宿郡山川町成川6517
電話 0993−35−0814
営業時間 午前6時30分〜午後8時
休業日 第1月曜日
料金 大人200円/小学生100円
(区民は1日1回目無料、2回目から100円)

  写真
そこかしこから湯気の上がる鰻地区
写真
区営の共同浴場です

 
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.