画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
秋の京都で田中美里さんが出会った、数々の暮らしの道具。今回のお得情報は、放送でもご紹介させていただいたように、きちんと手入れをし、末永く使っていただけるよう実際足を運んでいただく、そんな情報にさせていただこうかと思います。
 
     
 

箒・束子

5代目の内藤幸子さんが、お店に来るお客さんとの会話を大事にしながら一つ一つ手から手へと売っているのが、京都は三条大橋のふもとにある、内藤商店です。このご時世、インターネット販売の申し出などがあるそうですが、使い方〜手入れの仕方まできちんとお話してから売りたいとの思いから、全て断っていらっしゃるそうです。「あんまりはよう新しく買いに来はるんは、あんまりよろしないなぁ…(上手く使えていないということ)」と、時には厳しいお話で、身を引き締めつつぜひ、大事な一本の箒を求めてください。

お問合せ先
内藤商店
〒604-8004
京都市中京区三条大橋西詰
TEL 075-221-3018

  写真

 
         
 

マーク有次

放送ではご紹介できませんでしたが、有次の寺久保さんが仰っていた中で印象に残っているのが「物を粗末に扱うということは、自分を粗末に扱うということや」という言葉です。日々の忙しさを言い訳にして、身の回りがぞんざいになっていた自分自身にずしりと来ました。しかも、美里さんも彫ってもらっていましたが、こちらで購入した包丁には(おろし金なども)、名前を彫ってもらえてしまうという…どのような用途で使用するのが多いかなどによって、様々見立てていただけますので、一生ものの包丁として、ぜひ。

お問合せ先
有次
〒604-8052
京都市中京区錦小路通御幸町西入ル
TEL 075-221-1091

  写真
写真
 
 




     
         
         
         
 



 
 
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.