画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
 

京色パステル

今回の旅でスケッチ好きのサヘル・ローズさんが旅のお供にした「京色パステル」。京都在住の女子大生(当時は高校生)が考案したユニークな画材です。色は全18色で、1つ1つの色に「平等院の藤波」「祇園囃子」「千年紫」「黒髪の艶」「古都の香」…などなど、まるで京都の歳時記のように、四季折々の風景の名前が付けられています。考案者の井上友希子さんは、伝統的な京都らしい色を、パステルという現代的な画材にすることで、古い物と新しい物が常に交錯し、共存する京都という町を表現したかったのだそうです。色のネーミングは井上さんの個人的な体験が基になっているといいます。このアイディアは、京都府主催の第2回京都文化ベンチャーコンペティション(2008年)で最優秀賞に輝き、市内のパステル専門メーカーによって商品化されました。1つ1つ手作りで作られるというソフトパステル。京都文化博物館の便利堂ミュージアムショップ、画箋堂、博宝堂、バックス画材といった市内の画材店などで1箱2000円で販売されているほか、インターネットでも通信販売があります。

お問合せ先
京色パステル
セット内容(色名):
古都の香、平等院の藤波、嵯峨野竹林、保津川ソーダ、雨上がりの糺の森、祇園囃子、半木の花咲み、松ヶ崎菜の花便り、早春落ち椿、光のどけき日、渡月橋の朝靄、大原のひだまり、黒髪の艶、千年紫、音羽の清み空、京町家の佇まい、能の花、銀向月台
価格:2,000円 (税込)

  写真
一見すると、まるでお菓子箱のよう。
写真
18の色の名が書かれたしおりが入っています。
 
         
         
         
 



 
 
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.