画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
 

赤沢森林鉄道

今回の旅先、木曽地方は、かつて檜を中心とした木曽五木(ヒノキを中心に、サワラ・ネズコ・アスナロ・コウヤマキ)の林業で栄えた土地。特に上松町から40分ほど山中へ入った赤沢渓谷では、硬くて丈夫なヒノキが採れ、神社仏閣の建築材として大変重宝されたそうです。

この赤沢を含む木曽谷には、かつて総延長500キロにも及ぶ「森林鉄道」が走り、大正時代〜昭和40年代まで木材搬出のために活躍したといいます。林業の衰退とともに廃止となった森林鉄道ですが、渓流沿いの1.2キロが、昭和62年に観光列車として復活。現在も多くの観光客を乗せて赤沢美林を走っており、森と川のせせらぎ、トロッコ列車のゆったりとした走りを楽しむことができます。

問い合わせ先

上松町観光協会
〒399-5601 長野県木曽郡上松町上松159-3 上松町観光情報センター内
TEL 0264-52-1133

ホームページ:
http://www.town.agematsu.nagano.jp/kankou/akasawa/trainInfo/train_info.html

・大人(中学生以上)800円/子供(4歳〜小学生)500円/団体15名以上100円引

・基本運行時間…9:30〜15:30までの30分毎に1便運行

・変動運行時間(一部の平日)…10:00〜15:00の1時間毎に1便運行(変動ダイヤとなる日はホームページで要確認)

・5月、7月中旬、9月上旬に軌道修繕と点検作業あり。その他にも、車両点検、軌道沿いの安全点検などを実施することあり(詳しくはホームページを参照)

・11月〜4月は赤沢自然休養林 冬季休園のため運休

  画像
 
         
 

マーク番組中に流れた「遠くへ行きたい」について

赤沢渓谷の美しい森や川の映像とともにお送りした前回の「遠くへ行きたい」。涼しげなボサノバ風の歌声が、女性の1人旅を彩ってくれました。使用されたのはグラシェラ・スサーナのバージョン。彼女はアルゼンチン出身のシンガーで、タンゴを歌っていたところ南米旅行中だった菅原洋一に見出され、1971年に来日。日本語で歌ったデビューアルバム『愛の音/グラシェラ・スサーナ』がミリオン・セラーを記録し、1970年代に数多くのヒット曲を放ちました。

日本人が歌う「遠くへ行きたい」と日本語の節回しが微妙に違っているのが新鮮で、エキゾチックな雰囲気を感じさせます。「BIG ARTIST BEST COLLECTION/グラシェラ・スサーナ」というアルバムに収録されています。

・CDタイトル:「BIG ARTIST BEST COLLECTION/グラシェラ・スサーナ」
・レーベル:EMIミュージック・ジャパン
・CDナンバー:CT25-9020
・リリース日:1989年4月26日
・税込価格:2394円



 


 
         
 



 
 
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.