画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
編集者注
IMALUさんの沖縄で動物との出会いを出会いを楽しむ旅、如何でしたか?「動物大好き!」というだけあって、楽しそうでした。それにもまして、その動物たちに 関わっている人々の笑顔がまた格別微笑ましく感じられました。お得情報は、そんな出会いを見ていると「ちょっと行ってみたいなぁ」思うような…そんな情報をお届けします。



 
     
 

沖縄の海の幸を味わえる「穴場」

潮干狩りで出会った饒波(のは)さんの料理屋「心(くくる)の宿」。こちらで提供するティラジャー(巻貝の一種)やアーサ(海苔)は市場で買った物ではなく、饒波さん達が潮干狩りでとったものです。ここでしか食べられない沖縄の郷土料理の数々は、本当に絶品です! ちなみに、歯ごたえ満点の「島ダコの唐揚げ」をつまみにビールを飲むのが、饒波さんの至福の時だということです。

お問い合せ先
心(くくる)の宿
沖縄県国頭郡恩納村真栄田2429番地 
電話/098-964-3885
営業時間/11:00〜14:30、17:00〜23:00 
定休日/水曜日
HP http://www.kukurunoyado.com/


 

01画像
絶品!島ダコの唐揚げがのった“タコ丼”

 
         
 

画像知られざる沖縄の娯楽「 闘牛」!

沖縄では毎週末のように闘牛大会が開催されていることをご存知でしたか?闘牛は、いま再び注目されている沖縄のエンターテインメントです。今回の取材日程が平日だったため、実際の試合は見ることができなかったIMALUさんですが、練習の時点で、その迫力に圧倒されていました。重量1トンにも及ぶ牛同士がぶつかりあう闘牛。闘牛士の牛への愛も半端じゃありません。IMALUさんも番組スタッフも「ぜひ大会を観に来たい!」と息巻いています。

沖縄闘牛情報
http://www2u.biglobe.ne.jp/~office21/

沖縄になかなか行けない方は、手に汗握る!迫力の映像をどうぞ
屋良闘牛ビデオ
http://www.tougyuu.com/


  01画像
迫力の「闘牛」を体感せよ!
 
         
 

画像愛くるしいヨナグニウマたち

太平洋戦争によって途絶えてしまったンマハラシー(琉球競馬)。70年の時を越えンマハラシーが復活したのは、「沖縄こどもの国」の飼育員たちがヨナグニウマを守りたいという熱意によるものでした。人気のナビィちゃんをはじめ、ちょこちょこ走るヨナグニウマたちの姿は、一目見たら惚れてしまうほどの可愛いらしさ…!次回ンマハラシー開催は6/1(日)(雨天時は翌週に延期)の予定。普段もたくさんの動物と出会えます。皆さんぜひ、沖縄こどもの国へ!

問い合せ先
沖縄こどもの国
沖縄市胡屋5丁目7番1号
TEL:098-933-4190
HP http://www.kodomo.city.okinawa.okinawa.jp/index.shtml

  01画像
優雅で可愛らしい馬の走り。琉球王朝時代を想像させます
 
         
 

画像馬の背中に乗って なんと海の中へ…!

那覇から東へ。南城市でうみかぜホースファームを運営するのは、NPO法人「ヨナグニウマふれあい広場」の皆さん。こちらでは、ホースセラピーなどの活動を通して、ヨナグニウマの素晴らしさを広めています。まるで映画のワンシーンのような奇跡の体験。馬に乗って海に入るときは、水着の準備をお忘れなく!

問い合せ先
うみかぜホースファームHP
http://www.yonaguniuma.com/umenu

  01画像
感動体験!ビーチライド
 
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.