画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら    
 
  オトク情報
編集者から
旅番組初参加、ますだおかだ増田さんともに旅を楽しんだスタッフ・蜂谷による巡った温泉から地元ならではの味まで、<ほっこり、おいしい>報告です。(温泉には効能、湯温度、泉質のおまけつきです)


 
   
 

青森限定お菓子の店

画像
▲楽しいだけじゃない上品な味・・・

「お菓子のいと福」に並んでいるお菓子は、番組でご紹介したくじ引き感覚で食べるお菓子「あん玉」以外にもたくさんあります。
おススメを御主人に聞いてみると、青森限定のお菓子をたくさん教えてくれるはずです。
「あん玉」もそうなんですが、いと福限定の「バナナもなか」、これがまたおいしいんです!

「お菓子のいと福」アウガ店
住所:青森県青森市新町1丁目3-7(アウガ地下1階 新鮮市場内)
電話:017-777-1130
HP:http://itofuku.jp/














   
       
 

画像街中で味わえる温泉銭湯

画像
▲演歌が誘う街中の極楽

青森市内にある源泉掛け流しの温泉銭湯。毎日通う地元の方もたくさんいます。
同じ湯に入っている人とは自然と会話が生まれます。真ん中からどんどん湧き出て湯船からも溢れ出るお湯が温泉だと考えると少しもったいない気もしますが、それが源泉掛け流しの醍醐味!
泉質:アルカリ性単純温泉
泉温:46.5℃
効能:
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消火器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

「出町温泉」
所:青森県青森市西滝2丁目6−1
電話:017-782-2181








   
       
 

画像江戸時代から続く湯治湯

画像
これが天下の千人風呂!

番組内では混浴という点が目立っていたかもしれませんが、ここは伝統ある湯治場でもあります。江戸時代から青森の人たちの心と体を癒してきた、名湯をご賞味下さい。
総ヒバ造りの千人風呂と呼ばれる大きな湯船、建物の中とは思えぬ開放感です。
泉質:酸性・含鉄・硫黄−アルミニウム−硫酸塩塩化物温泉(硫化水素型)
源泉温度:50℃(気温18.2℃)
効能:
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症、月経障害、
糖尿病、高血圧症

「酸ヶ湯温泉」
住所:青森県青森市荒川南荒川国有林酸湯沢50
電話:017-738-6400
HP:http://www.sukayu.jp/Tops/


   
       
 

画像大鰐温泉ライフ

画像

▲名物ラーメンに欠かせない「大鰐温泉もやし」を育てる湯と同じ源泉です!

大鰐へ来たら是非とも行って欲しい「大湯」。熱めで上質なお湯に浸かり、あったまった体で温泉を出たら風情のある街並み。贅沢な温泉ライフが味わえます。
泉質:ナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩泉
泉温:50℃
効能:一般的適応症のほか、切り傷・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病

「大鰐温泉 大湯会館」
住所:青森県南津軽郡大鰐町大字蔵館字村岡53
電話:0172-48-2214





   
       
 

画像絶妙な名物ラーメン

画像

▲ラーメン通のスタッフ大絶賛

もやしの香るスープと麺に絡みつくもやし。たちまち虜になってしまう絶妙な味です。「大鰐温泉もやし」をふんだんに使った「大鰐温泉もやしラーメン」を是非!

「山崎食堂」
住所:青森県南津軽郡大鰐町大鰐前田34-21
電話:0172-48-2134


 

 

 

   
       
 

画像トド寝ができる温泉

画像
▲気持ち良さそうに寝そべるトド達?

山奥の秘湯。桁違いの湯出量。自らを温泉通と自負するならば、一度は行っておきたい名湯です。山奥にあってアクセスの心配をしたあなた!安心して下さい、送迎もあります。
〜JR奥羽本線・津軽湯の沢駅下車そこから送迎車5分(要予約)〜
時が止まったようにゆっくりと時間が流れる宿で体を癒してみては?
泉質:ナトリウム、カルシウム−塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性中性高温泉)
泉温:43.6℃(気温:18.3℃)
効能:
筋肉又は関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)・運動麻痺における筋肉のこわばり・冷え性・末梢循環障害・胃腸機能の低下・軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)・
軽い高コレステロール血症・軽い喘息又は肺気腫・痔の痛み・自律神経不安定症・ストレスによる諸症状・病後回復期・
疲労回復・健康増進、きりきず、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症

「古遠部(ふるとおべ)温泉」
住所:青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467
電話:0172-46-2533
HP:http://www.furutoobe-onsen.com/


 

 

 

   
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
 

   
       
       
       
       
       
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.