画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら    
 
  オトク情報
編集者から
今回のお得情報は歴史好き、お城大好きという春風亭昇太さんの目線で選んだものの数々。スタッフ・蜂谷からの報告です。



 
   
 

丸亀城

画像

▲高さ日本一の石垣
画像
▲丸亀城にきたぞー!

塩飽諸島、本島へ向かう前に立ち寄りたいのが、ここ「丸亀城」。
高さ日本一の見事な石垣を眺めつつ、お城の頂上を目指すと、400年の歴史を刻む天守閣が現れる。そして、丸亀市とこれから向かう塩飽諸島が一望できる景色は必見!!

住所:〒763-0025 香川県丸亀市一番丁
電話:0877-24-8816
入場料:(天守のみ)大人 200円  小人(小・中学生)100円







   
       
 

画像塩飽勤番所

画像
▲由緒ある歴史探訪
画像
▲織田・豊臣・徳川家の朱印状!

かつて塩飽諸島全島の政治が執り行なわれていた「塩飽勤番所」。
将軍から朱印状(領地を与えたり、特別な権利を許可するときに朱印を押して出した手紙)を与えられ、自治権を認められていた功績がしのばれます。
個人的に、織田家の「天下布武」の朱印には痺れました。
是非、一見です!

住所:〒763-0223 香川県丸亀市本島町泊78
電話:0877-23-2111
入場料:おとな200円・子ども100円








   
       
 

画像笠島まち並保存センター

画像
▲船大工が作った町家の内部は凄わざだらけ!
画像
▲船大工の知恵がいっぱいの生活用具

本島・笠島地区は、塩飽水軍、塩飽廻船の根拠地として栄えた港町で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。細く入り組んだ道に伝統的な建物が並ぶ美しい町並みが楽しめる。笠島まち並保存センターは、当時、この町を作った船大工が建てた家並みが今も色濃く残っている。番組では紹介しきれなかった「回転こたつ」や「斜め畳」など、
船大工ならではの工夫が発見できます。

料金:大人200円、小人100円
住所:〒763-0221 香川県丸亀市本島町笠島256
電話:0877-27-3828



   
       
 

画像旧粟島海員学校

画像

▲粟島海洋記念館
画像
▲ノスタルジックな世界

粟島海員学校は明治30年に日本初の海員養成学校として開校。開設当時、村立だった学校は時を経て国立の海員学校となり、海運界で活躍する優秀な人材を多く輩出してきました。
最盛期には、島内の3人に1人が学校の関係者だったそうです。現在は「粟島海洋記念館」として、約90年の歴史を重ねた学校の様子を紹介しています。塩飽水軍の時代から続く船乗りの伝統を肌で感じてください!

住所:〒769-1108 香川県三豊市詫間町粟島1541
※無料開放




   
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
 

   
       
       
       
       
       
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.