画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら    
 
  オトク情報
編集者から
初めての奄美大島を満喫した石黒英雄さん、海の幸からサトウキビ畑の幸、島の人々との交流などをたっぷり楽しみました。そんな様子を一緒に旅したスタッフ・木村からの「奄美に行ったらこんなポイントもありますよ」というお得情報です。



 
   
 

豊かな海の幸

画像

▲南の海の原色の魚、刺身も美味しいよ〜

名瀬の市場で見かけた色とりどりの奄美の海の魚。アオマツ、アカマツなどと土地の名前でよばれる魚の話を前川さんに伺い、奥さんが切り盛りするお店ではシマイセエビの天ぷらなんかも食べちゃいました。
前川さんの店では奄美大島の海で獲れた、新鮮な魚の紹介・販売をしていて
全国配送もしているそうです。

「前川水産」
住所:奄美市名瀬港町6−16
電話:0997-52-1022
HP:https://www.maekawasuisan.com




   
       
 

画像マングローブを巡る!

画像
▲カヌーツーリング  大人 1,500円  
小学生以下 1,000円
画像
▲湯引きして味噌仕立てにすれば甘辛い味がしみて、
まさに奄美の味!
オオウナギの味噌炊き 1人前 1,800円


久しぶりにカヌーツーリングを体験した石黒さん、「マングローブ茶屋」の久保さんのガイドでマングローブ原生林のツアーを楽しみました。
途中で仕掛けてあった釣針には、オオウナギ、籠にはノコギリガザミがかかっていました。マングローブ探検のあとは早速ご馳走になります。


「マングローブ茶屋」
住所:奄美市住用町大字役勝7
電話:0997-69-2189
HP:http://mangroveamami.com











   
       
 

画像名物!手作り黒糖  

画像
▲黒糖  500g  700円


ロケの時は丁度、サトウキビ刈りの季節。刈ったサトウキビを搾って黒糖を手作りをしている水間さんの工場で、工程を見せて頂きました。
今でも手作りで黒糖を作っているのはほんのわずかだそうです。
スタッフからは「ここの黒糖がいちばん美味しいかも!」という声が上っていましたよ。

「水間黒糖製造工場」
住所:大島郡龍郷町中勝1400
電話:0997-62-2431





   
       
 

画像黒糖を使った島のお土産!

画像
▲黒糖ピーナッツ  150g  365円


「奄美ばしゃ山村」の土産コーナーには
黒糖を使ったこんなお菓子もありました。



「奄美ばしゃ山村」
住所:奄美市笠利町大字用安1246-1
電話:0997-63-1178



 

   
       
 

画像奄美の もてなし料理 “鶏飯(けいはん)”

画像
▲鶏飯   1人前 1,000円


その昔は薩摩の役人をもてなしたという郷土料理。いまでは奄美といえば「けいはん」というぐらいの人気御飯です。
石黒さんが頂いた「ひさ倉」の鶏飯は自家養鶏場で育てた鶏で作ったスープが絶品!



「けいはん ひさ倉」
住所:大島郡龍郷町屋入511−1
電話:0997-62-2988
HP:http://www4.synapse.ne.jp/hisakura/index.htm



 

   
       
 

画像島 体験

画像
▲ウワンフネづくりツアー  参加料金 1人3,000円  
※他にも 様々なツアーがあるのでHPをチェックして見て下さい  


旅の醍醐味といえばやっぱり地元の人との交流!
石黒さんも奄美のお母さんたちと一緒に食材の採集から料理まで、
“ご馳走”を作るツアーに参加して、大いに楽しみました!


「NPO法人TAMASU」
住所:大島郡大和村国直85-1
電話:0997-57-2828
HP:https://www.amami.org



 

   
       
       
       
 

   
       
       
       
       
       
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.