画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

お得
俳優でもありますがエッセイストとしての目を持つ本上まなみさんの土佐の旅、如何でしたか。単なる観光目線と異なって、生活者との出会いや里山で自然と暮らす人々との会話などを一緒に楽しんだ方が多かったようです。
梼原町に作られた隈研吾さんの幾つかの建築物は、建築探偵ならずとも興味深いものがありましたね・・・
そんなこんなの本上さんの旅からのお得情報です。


 

画像
梼原町総合庁舎、町が建物博物館みたいです

 
         
 

お得土佐名物 カツオのわら焼き「黒潮工房」

江戸時代からカツオの一本釣りの町として栄えてきた“久礼(くれ)”、
漁場が近いので獲ったその日に水揚げされるカツオはひと際美味しいと評判です。
そのカツオをわら焼きで食べさせてくれる「黒潮工房」で本上さん、わら焼き体験もしました。

問合せ先
「黒潮工房」
住所:〒789-1301高知県高岡郡中土佐町久礼8009-11
電話:0889-40-1160

 

画像
わら焼き体験
画像
自分で焼いたものを食べる、格別の味です

 
         
 

お得 自家製・秘伝の出汁の“ところ天”「高知屋」

「ところ天始めました」の看板につられて入った「高知屋」で店主の本井友子さんから、地元のところ天の出汁の秘密を教えてもらいました。
かつお節の厚削りと2種類のじゃこで出汁を取るんだそうです。

問合せ先
「高知屋」
住所:〒789-1301高知県高岡郡中土佐町久礼6780-1
電話:0889-52-4747

 

画像
「高知屋」
画像
自家製ところ天と秘伝の出汁、6杯も食べる人もいるそうです

 
         
 

お得 「久礼大正町市場」食べ歩き

地元の人たちの台所として賑わう「久礼大正町市場」で土佐を味わいました。
「松澤青果店」の文旦、「串焼きポン吉」のカツオのハランボ串焼き(漁師が釣ってきたカツオなので鮮度抜群です)、「田中鮮魚店」で3枚におろしたカツオの骨を出しに使ったタケノコと山菜の煮物(カツオが出始めると漁師のおかみさんたちは山へタケノコを採りに行って、春を味わいます)

問合せ先
「久礼大正町市場」
一般社団法人なかとさ観光協会
住所:〒789-1301高知県高岡郡中土佐町久礼6372−1
電話:0889−59−1688


 

画像
「久礼大正町市場」
画像
袋詰めの文旦、楽しくなる量です「松澤青果店」
画像
3枚におろした後、この中骨が出汁の秘密です「田中鮮魚店」

 
         
 

お得 パワースポット“厄抜け石”「久礼八幡宮」

川の流れの渦巻きによって何万年もかかって穴があけられた石、自然の力の霊力を頂いて厄をとると言います。私も抜けられるのかなぁと心配な方「小さく見えますけど、何十年かで詰まった人はいない」そうですからご安心を!




 

画像
「久礼八幡宮」

画像
“厄抜け石”パワースポットの雰囲気たっぷりです

 
         
 

お得 楽しい建築物巡り・梼原(ゆすはら)町

“雲の上の町”をキャッチフレーズにしている梼原町のHPには《町の面積の91%を森林が占め、標高1455mにもなる雄大な四国カルストに抱かれた自然豊かな山間の小さな町です。四国カルスト高原は、全国的にも珍しい高位高原カルスト地形になっており、至る所に手付かずの自然が残り、晴れた日などには太平洋から瀬戸内海まで一望できます》とあります。
そして、本上さんが歩いた、隈研吾さんの作品巡りも楽しいひと時でした。
町のHPにも「高知県梼原町は隈研吾建築が集まった小さなミュージアム」と案内があります。

問合せ先
HP「雲の上の町・ゆすはら」観光情報からどうぞ


 

画像
「雲の上の図書館」
画像
「マルシェ・ユスハラ」

 
         
 

お得 生活用品を作る野鍛冶・「影浦工房」

現当主・影浦賢さんが28代目という野鍛冶の工房、山仕事、野良仕事の道具だけでなく、日常の生活用品も作るので地元の人々にはなくてはならない存在といいます。
そして、影浦さんは渓流釣りの名人でもありました。本上さんも釣り大好き、見事に大きなアメゴを釣り上げましたね。

問合せ先
「影浦工房」
住所:〒785-0610高知県高岡郡梼原町梼原1389−3
電話:0889-65-0012



 

画像
「影浦工房」
画像
影浦さんの手になる刃物の数々

 
         
 

お得 和紙アート「Washi Studio かみこや」

オランダ人のロギール・アウテンボーガルトさん、40年前にオランダから来日。和紙に魅せられて全国を巡った末に土佐にたどり着いたと言います。
家族とお住いの梼原の山間の工房にお邪魔しました。
ロギールさんの作品は和紙に季節の植物をあしらって、梼原の自然の風景を一枚の和紙に漉き込んでいきます。
そして生活も自然と共に暮らすのが楽しいと言います。食材の野菜、山菜はその日に必要な分だけ採ります。
本上さん、ロギールさんの仕事を見せて頂いて、京都で出会って梼原に移住してきた奥さんの千賀子と夕食の食材集め、クレソン、ヤブカンゾウ、セリ、
ノビル、ヨモギ・・・ジビエの焼肉と共に頂いた梼原のごちそうでした。

問合せ先
「Washi Studio かみこや」
住所:〒785-0603高知県高岡郡梼原町太田戸1678
https://kamikoya-washi.com/

 

画像
自然に囲まれて建つ「Washi Studio かみこや」
画像
ロギールさんの作品の数々
画像
シダを入れて漉いたロギールさんの作品

 
         
  *番組では紹介できませんでしたが、
本上さんはこちらにもお邪魔しました。
     
         
 

お得 「パンとおやつ ぶどうのたね」

2020年11月に梼原町にオープンしたばかりのパン屋さん。
大阪から移住した方が経営しており、自家製有機レーズン酵母を使ったパンやおやつが地元の人に大人気!
営業日などの詳しい情報はインスタグラムをチェックしてください。

問合せ先
「パンとおやつ ぶどうのたね」
高岡郡梼原町梼原1351-2
https://www.instagram.com/go_no_ho/

 

画像

画像


 
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.